ニュース
2021年3月21日

Genetic Mapping of the Gamete Eliminator Locus, S2, Causing Hybrid Sterility and Transmission Ratio Distortion Found between Oryza sativa and Oryza glaberrima Cross Combination

研究成果を論文として発表しました。

Genetic Mapping of the Gamete Eliminator Locus, S2, Causing Hybrid Sterility and Transmission Ratio Distortion Found between Oryza sativa and Oryza glaberrima Cross Combination

by Myint Zin Mar et al.

https://www.mdpi.com/2077-0472/11/3/268/htm

この論文では、40年ほど前に佐野芳雄博士により報告された、イネの雑種不稔遺伝子S2の座乗染色体領域を明らかにしました。この遺伝子は、アジアとアフリカのイネの雑種不稔性に関わり、花粉と種子の退化を引き起こします。今回、イネゲノム全体を対象としたSNPマーカーの調査と、遺伝学的解析により、S2遺伝子が第4染色体上に座乗することが初めて明らかとなりました。