育成プログラム

スキルアップとネットワーク拡大のために多様なプログラムを提供します

育成プログラムは「On the Job型プログラム(OJT)」「異分野・異文化交流」「トランスファラブルスキル向上のためのセミナー」で構成されます。

育成プログラムが三本柱で構成されているのは意味があります。これらは互いに密接に関係しているからです。たとえば、研究者同志の異分野・異文化交流で生まれたアイデアによってOJT型プログラム支援制度等を活用した共同研究に着手できます。「OJT型プログラム」「異分野・異文化交流」の実施状況により、テニュアトラック教員が必要とするスキル獲得のためのセミナーを企画します。

育成プログラムは、テニュアトラック教員以外の若手研究者にも広く提供しています。また、名古屋大学、東北大学とも合同の交流イベントやセミナー等を相互活用しています。

トランスファラブルスキル向上のためのセミナー

トランスファラブルスキルとは、課題発掘力や解決力などの対課題スキル、自己管理スキル、コミュニケーション能力等の対人スキルなどを総称し、仕事によらず移転可能な能力を指します。

L-Stationでは、トランスファラブルスキル向上のためのセミナーを開催しています。セミナーの内容は、若手研究者との面談やアンケート結果をもとにして研究・教育現場で直面する課題を念頭に企画します。

トランスファラブルスキル向上のためのセミナーはテニュアトラック教員以外の若手研究者にも広く公開しています。また、人材育成コンソーシアムを形成する東北大学、名古屋大学と相互利用することもあります。

異分野・異文化交流活動

北大テニュアトラック事業では早くから部局横断の研究者交流、異分野・異文化交流に力を入れてきました。また、SDGsを切り口とした交流イベントも推進しています。異分野の研究者、研究者以外の方との交流の機会を持つことにより、視野が広がり、研究者としての活躍の幅をさらに広げることができます。

交流イベントでは、自分の研究テーマを異分野の研究者にわかりやすく解説します。個性的で、若手研究者のみならず、大学研究者を目指す学生・大学院生にもぜひ参加してほしいイベントです。若手研究者は質疑を通じて互いの研究の理解を深め、部局横断的な新しい共同研究の発展にもつなげることもできます。テニュアトラック教員はこれらのイベントへの積極的な参画や交流活動への主体的な取り組みを期待されています。

On the Job型プログラム(OJT)

OJTとは実務を体験しながら仕事を覚える手法です。北大テニュアトラック事業では、若手研究者のマネジメント能力向上を目的としたOJTを重視し、その実施を支援する制度を設けています。たとえば、シンポジウムやワークショップ・セミナーの開催等に係る経費を支援し、それらの企画、開催するためのプロセスを通じて、企画力、マネジメント能力、交渉調整力などの専門力以外のスキルを獲得します。

テニュアトラック教員の企画提案は実行委員会が審査し、採用された提案の実施経費はL-Stationが支援します。実行委員会は採否に関わらずテニュアトラック教員に対してコメントやアドバイス等をフィードバックします。

支援対象となるOJTには以下の種類があり、テニュアトラック教員は業務の必要に応じて活用可能です。